公開履歴

トリキュラーは、卵胞ホルモン剤(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン剤(レボノルゲストレル)のはたらきによって、避妊効果を期待することのできる低用量ピルです。
エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが脳下垂体に働きかけ、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を抑えることで、卵胞の成熟を一時的に止め、排卵を起こさないようにします。
その結果、高い避妊効果が期待できるのです。

トリキュラーには避妊効果以外にも様々なメリットがあります。

(その1)生理不順を調整することができます。
排卵の時期をコントロールできるようになるため、月経の時期が不安定な人でも、最も理想的な28日周期で生理が来るようになるのです。
(その2)その副作用を利用して、重度のPMS(月経前症候群)の症状がやわらげたり、重い生理痛や倦怠感、イライラした気分などから解放されたりします。
(その3)経血の減少による貧血防止、ホルモンバランス由来の吹き出物改善、子宮内膜症の治療、卵巣がん・子宮体がん・乳房良性疾患など婦人科系の病気の予防、骨粗しょう症・関節リウマチの予防などの効果が挙げられます。

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあります。
21錠タイプは全ての錠剤に二種類のホルモンが含まれており、生理が来ている7日間を除いた21日間で飲み切ります。
一方28錠タイプは、全ての錠剤のうち7錠が偽薬(避妊効果のないただの錠剤)となっており、生理が来ている期間も含めて毎日飲み続けます。
これによって生理終了後の飲み忘れや、日数の数え間違いを防ぐのです。
どちらのタイプを服用しても効果は同じです。
安くピルを購入したいでも、こうした便利なピルを通販で気軽に購入することができます。

記事一覧
経口薬で避妊できる確率

人生設計の都合や経済的な事情によって、その時点での妊娠を防ぐためには、コンドームなどの避妊具を利用したり、低用量経口避妊薬(ピル)を服用するといった対策があります。 一番主流になっているのはコンドームですが、コンドームの場合、正しく使用していたとしても3%の確率で妊娠が発生するとの統計データがあります。 確実に妊娠することを避けたいのであれば、低用量経口避妊薬であるピルを使用することが一番確実な方法です。 ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンに作用して、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑制する薬です。 薬の作用の結果として、卵胞が成熟しないために排卵が発生せず、妊娠の確率を抑制します。 また、子宮頚管の粘液を変化させることで精子が子宮内に進入することを防止する作用もあります。 正しく服用している限り、ほぼ100%確実に避妊できるとされています。 統計データによると1年間に妊娠する確率は0.1%とされています。 しかし、薬の服用をやめてしまうと速やかに自然な月経周期が回復してしまいます。 1日の飲み忘れであれば問題無いとされていますが、2日間連続で飲み忘れてしまった場合には、他の避妊手段を取ることが必要になります。 また、コンドームとは異なり、ピルには性感染症を予防する効果はありません。 そのため、性感染症の心配がある場合はコンドームを併用した方が望ましいとされています。 また、避妊以外の効果として、月経痛やニキビの軽減、PMS(月経前症候群)や子宮内膜症の改善などの効果があります。 過去には薬に含まれるホルモン量が多いために、害のある副作用がありましたが、現在では低用量ピルが主流となっており副作用を心配する必要はありません。

2019年10月05日
避妊リング・IUDを使用する方法

避妊の方法にはさまざまなものがありますが、わが国では男性がコンドームを装着する方法というのが一般的で、全国規模の統計調査によれば、約7割から8割の人々がこの方法を選択しているとされています。 しかし、コンドームによる避妊方法は、ゴムが破裂したり、行為の途中で外れたりといったハプニングによって失敗しやすいというのもまた事実です。 こうした従来の方法よりもさらに確実性の高い方法として、女性側が避妊リンク・IUDを装着する方法というものがあります。 これは、女性の子宮のなかに特別な器具を挿入することによって、受精卵が子宮内壁に着床して妊娠するのを阻止するというものです。 現在では避妊リングという呼び名よりも、子宮内避妊具の英語の略称であるIUDのほうが一般には用いられることが多いようです。 初期の避妊リングは、確かにリングの形状をしていましたが、改良が加えられた現在の製品は、アルファベットのT字型や、魚の骨のような変わった形をしています。 その末端には取り出しができるようなひも状のものが付いており、材質はプラスチックなので子宮を傷つけるおそれもありません。 IUDを装着するにあたっては、本人が行うことはできず、必ず専門の産婦人科医などが行うことになるため、病院を受診しなければならない手間はかかりますが、いったん装着してしまえば1年単位で持ち、最新の銅付加IUDとよばれるタイプであれば5年程度の効果があるとされていますので、コストパフォーマンスにもすぐれています。 避妊ピルのように毎日服用するといっためんどうもなく、器具を取り出せば再び妊娠することもできるため、ある程度の長期にわたって避妊をしたいという希望のある女性であれば、メリットは大きいものです。

2019年09月05日
望まない妊娠をした時の対処方法

まず、望まない妊娠をした可能性がある場合にできることがあります。 72時間以内にモーニングアフターピルを服用すれば、絶対確実ではなくても妊娠を回避できる可能性があります。 一時的に多少の副作用がありますが、中絶などと比較すると体への負担は非常に少なくなります。 72時間を過ぎた後の望まない妊娠をした時の対処方法としては中絶があるのですが、体への負担は時間が経つに連れて大きくなります。 子宮などに後遺症が残り、その後の妊娠が難しくなることもありますし、精神的ダメージも大きなことがあり中絶後遺症候群で苦しむ女性も少なくありません。 また、妊娠21週と6日を過ぎると行えない手術です。 最後の選択肢として出産があります。 望まない妊娠をした人たちが利用する赤ちゃんポストがありますが、そこへ行き着く前に赤ちゃんポストを設置している病院で無料相談を受けることができます。 メールや電話での相談も受け付けていて、秘密は厳守されます。 人間が妊娠出産できる時期は限られていて、そのチャンスを逃すともう後戻りはできません。 それに引換えその他のことは後々でも大抵何とかなるものです。 せっかく妊娠出産の機会があったのであれば、みすみす自分から手放してしまうこともないでしょう。

2019年08月20日
生理中の女性に対する男性の意見

生理中の女性に対する男性の意見というものは、女性が社会へ進出している背景と密接に関連しているというように見ることが大切であり、今後日本もしっかりと話し合うようにしていく必要がある問題であるというような見解を持つようにしていくことが必要にもなっています。 女性特有のカラダの機能であるということを理解して、それに伴うような行動を男性側も心がけていくようにしていくことが大いに求められるのです。 また、感情的に不安定な時期に差し掛かる人も少なくないので、仕事上の負担や作業の依頼などある程度の配慮を敷いていくことも同時に考えていくようにすることが重要にもなるとされています。 今まで男性の方が多かった職場に女性の社員が入社してきたというような状況であれば、早期に今語ったようなことを実行に移すようにするということも大切になると考えられています。 そして、生理という現象を理解する機会を若いうちから持つようにするということを積極的に設けるようにしていくことで、男女の違いを上手く活用したビジネスモデルというものを体現していくようにするということもできるようになっていくのです。 男性の紳士的な姿勢が問われています。

2019年07月23日
ピルを服用中に気を付けるべきこと

ピルを服用中に気を付けることとしてはまず、正しくその効果を発揮させる事にあります。 従って、飲み合わせ等による効果の減退に注意しなければなりません。 多くの市販薬についてはほぼ問題が無いとされていますが、医師の処方によって出される薬や抗生物質の中には効果を低下させてしまうものが存在します。 従って、風邪等の理由であっても薬の処方を受ける際には、ピルを服用中である事を伝えるべきです。 また、抗うつ効果が見込めるハーブの中にもピルの効果の低下を指摘されているものがあるので、避けるべきと言えます。 そしてピルを服用する上で抑えて置きたいのは、用法を守って服用すれば効果は非常に高いものの、飽くまで避妊効果に限られるという点です。 性行為によって生じる事が考えられる他の事象、特に感染症に関しては効果がある訳ではありません。 従って服用中に性行為を行う場合については、通常と同様にコンドーム等の避妊具を使用する事は厳守すべきです。 また避妊効果を充分に発揮させる為には、時間を守った服用が必要となります。 飲み忘れにも注意したいものですが、気を付けるべきは海外渡航による時差です。 間隔を維持する必要があるので、渡航前の時間に合わせて飲む必要があるのです。 但し12時間程度の遅れであれば問題は無いと考えられる事から、長期滞在になるような場合にはこれを利用し、徐々に現地で服用し易い時間にシフトさせる事は可能と言えます。

2019年07月04日
タバコとピルは相性が悪い

トリキュラーを服用する際にはいくつかの注意点があります。 まず、低用量ピルは毎日決まった時刻に飲むことで効果を発揮します。 飲みだめはできず、一度に3錠飲んだからといってその後3日間避妊効果が続くというものではありません。 また、お酒との飲み合わせには問題はありませんが、飲酒の結果嘔吐してしまい、まだ吸収されていないピルを一緒に吐き出してしまう危険性もあるので気をつけなければいけません。 血栓症を引き起こすリスクがあるためタバコとの相性はあまりよくなく、ヘビースモーカー場合は注意が必要です。 35歳以上で1日にタバコを15本以上吸う人には、低用量ピルの処方がタブーとされています。 低用量ピルには確かに注意点もありますが、それらをきちんと守れば副作用も少なく、将来の妊娠を妨げることもありません。 現在日本で処方される低用量ピルの種類はごく少数で、悪い副作用の少ないものが認可されています。 種類によって含まれるホルモンの量などに違いがあるので、一度産婦人科に相談し、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

2019年06月21日